【海竜の里】は超穴場の子どもが喜ぶ遊び場だった!

遊び場

海竜の里、ご存知ですか?正確には【いわき市海竜の里センター】と言う名称で、建物の前にはかの有名なフタバスズキリュウが発掘された大久川が流れています。

海竜の里センターの場所と特徴

子どもが遊ぶための遊具がかなり充実していて室内遊び場(いわきっずるんるん)もあるので雨天時も安心。外には観覧車などの乗り物の他、すべり台やアスレチックもある上、軽食が食べられる飲食コーナーもあって、かなりの穴場スポットだと思います。(いつ行っても空いてるんです!)

住所:いわき市大久町大久字柴崎9
電話:0246-82-2772
営業時間:午前9時から午後5時まで
4月~10月:午後4時30分まで
11月~3月:午後3時30分まで
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、元日


★利用料
観覧車、パラトルーパー、ドラゴンコースター
・子供(3歳~小学生)100円
・大人(中学生以上) 200円
チケットは海竜の里センター内の券売機で購入します
※室内遊び場は無料

建物の中には「いわきっずるんるん」があり、小名浜のみゅうみゅう広場を小さくしたような子供が喜ぶ遊び場になっています。

遊び場の写真まとめ



一応時間制限有りの入れ替え制になっていますが、空いているのであまり時間は気にしなくても大丈夫です。休憩時間になったら軽食コーナーの前にあるセブンティーンアイスでも食べて休みましょう(^^)

外には観覧車やドラゴンコースターなどの乗り物の他海竜のすべり台やオブジェが置いてあります。因みに観覧車はチケットを持っていくと動かしてくれると言う驚きの乗り方です。ずっと動いているわけじゃないんですよ~。

観覧車に乗ると海竜ごしに常磐自動車道が見えます。

建物の裏側には多目的広場もあって、アスレチックやすべり台で大いに体を動かせます。

お腹がすいたら軽食コーナーで

お弁当を持っていくのも良いですが、軽食コーナーではラーメンなどのメニューがあります。みそラーメンですが、我が息子は美味しいと毎回食べています(^^)

午前中は室内で遊びまくり、お昼を食べて休んだら外でまたまたいっぱい遊ぶ!と言う贅沢な遊びができるのが海竜の里センターなんです。

ただ、大きな海竜のすべり台はアルミ(?)でできているため、夏場の暑い日はやけどのおそれがあるので滑ることができません(^_^;)涼しい季節に楽しみましょう。

子供がまだ小さいためローラーコースターなどには乗ったことが無いのですが、観覧車は大好きなので毎回乗っています。ガタガタ揺れるので違った意味でスリルが味わえるんですねぇ…。

海竜の里センターまとめ

蟹洗温泉から6号国道バイパスが新たに開通したことにより、アクセスはかなり良くなりました。平市街から時間は掛かりますが、緑に囲まれた海竜の里はとても良い遊び場です。是非お子さんと一緒に楽しんでみてくださいね!

コメント